サービス一覧

亡くなった人から財産を譲り受けることができる相続、そしてそれによってかかる相続税の問題を考えるにあたって欠かすことができないのが相続人です。
ドラマなどではよくこの相続人を巡って色々な事件が行ったりしますが、相続税を課せられる相続人というのは誰がなるものなのでしょうか。
もし亡くなった人が遺言にこの相続人についての明記があれば、その指名された人が相続し相続税を払うことになります。
もし遺言がない、もしくは遺言が法律的に認められない形式のものであった場合は法定相続人が相続をすりことになります。
法定相続人とは民法で決められた相続人のことで、亡くなった人の配偶者、子ども、親、兄弟の順番で優先されます。
これが決められている理由は、先にも述べたような争いなどを起こさせないためと考えられます。
相続税が課せられるため、さらには家族や親族に恨まれることもあることから相続を放棄するというケースも多々あります。