サービス一覧

人がなくなった時に生じるのが相続税です。
『うちの親はお金持ちなわけではないから関係ない』という人もいるかもしれませんが、親や親族などの財産を受け取る立場にある人というのは、この相続税と全く無関係というわけにはいきません。
相続税とは、近親者の死亡に伴い、その死亡した人から財産を受けとることになった人に課せられる税金のことです。
亡くなった人が大金持ちで多くの遺産を残した場合、配偶者や子ども、さらには遺言に記されていた人物などにその遺産が分け与えられるわけですが、それによって経済的な格差が生まれるという考え方から、この相続税が課せられるようになりました。
さらには税を徴収することで税収を増やし経済効果を狙ったとも言われています。
いずれにしても法律で決められている以上、この相続税というものは他人事ではなく、しっかりと考えなければならない問題なのです。
とは言え、ほとんどの人は課せられないので知識として持っておくと良い、という程度かもしれません。